BEGINNER肌再生医療が初めての方へ

肌再生医療が初めてで治療を受けられる上でご不安になられる方も多くいらっしゃると思います。ここでは、肌再生医療とはどのような治療なのか、肌のメカニズムから安全性についてご紹介しています。

肌再生医療とは

肌細胞(真皮線維芽細胞)の
組織自体が生まれ変わり、
本来の肌の
働きを取り戻す治療です。

肌再生医療では肌を維持する上で必要不可欠な肌細胞(真皮線維芽細胞)を増やす治療を行います。肌細胞を増やすことで減少・衰えた肌細胞が組織自体から生まれ変わり、肌本来の働きそのものをよみがえらさせることができます。
肌再生医療は見た目の改善だけでなく、肌老化の根本解決を図ることができるのが大きな魅力です。

肌細胞(真皮線維芽細胞)とは?

肌を構成する3大要素を生成する
肌の維持欠かせない存在

真皮層に存在する肌細胞(真皮線維芽細胞)は、肌を構成する三大要素「コラーゲン線維」「ヒアルロン酸」「エラスチン」を生成し、肌のハリや潤い、弾力を保つ働きをしている重要な細胞です。

「コラーゲン線維」「ヒアルロン酸」「エラスチン」

そもそも肌老化が起きる原因は?

肌細胞(真皮線維芽細胞)の
減少・衰え、機能低下が原因

赤ちゃんのお肌はなぜハリがあり潤いに満ちているのでしょうか?それは、生まれた時から成長とともに元気で若い肌細胞がどんどん増え続けているからです。
しかし私たちの肌細胞の数は成人になる頃をピークに減少していきます。それに加え、紫外線や乾燥、活性酸素やストレスなどあらゆる外的要因、内的要因によって肌細胞の減少はさらに加速し、肌機能も低下していきます。

お肌の3大成分 減少のようす

肌再生医療の治療効果・持続期間

治療効果が現れるのは1~3ヶ月頃から

肌再生医療は美容医療とは異なり、即効性が得られる治療ではありません。なぜなら、自身の肌細胞のみを使用した治療だからです。注入時から移植した肌細胞が肌生成を促すことにより、徐々に肌再生が行われるため、治療効果が現れるのは1~3ヶ月頃になります。持続期間は2~3年ですので、肌の維持や老化予防をするためには、定期的に追加移植をして肌メンテナンスをされることをおすすめしています。

肌再生医療の治療効果・持続期間

肌再生医療が選ばれる理由

減少した肌細胞を根本から
増やせるのは肌再生医療だけ

糸やレーザーを使用した治療は、肌細胞を刺激をして肌生成を促すことができますが、肌細胞(真皮線維芽細胞)自体が増えるわけではないため、治療時点の真皮層に存在する肌細胞にのみ働きかけます。一方、肌再生医療では、肌細胞の量そのものを補充できるので、肌細胞が増えるほど肌生成におけるパワーも増し、肌を維持する力も高まります。

老化現象が改善される

肌再生医療の安全性について

自身の肌細胞を使用した
安全性の高い治療

この治療法で使用するのは自身の肌細胞のみです。薬品や人工物を一切使用しないので、非常に安全性の高い治療法と言えます。治療法も、培養した自身の肌細胞をまた自身の肌に戻すだけなのでとてもシンプル。より自然に近い肌改善ができるのも魅力です。

肌再生医療の安全性

肌年齢が戻る再生医療で新たな美肌時代へ

自身の肌細胞を使用した再生医療真皮線維芽細胞療法

通常価格:1,075,000円

モニター価格:860,000(税抜)

お電話でもご相談いただけます

オザキクリニックLUXE新宿
0120-565-449

平日/10:00~19:00 
土日祝/10:00~18:00 (休診日:木曜)

クリニック情報・アクセス

オザキクリニック LUXE新宿

オザキクリニック LUXE新宿院内

  • 住所
    東京都新宿区歌舞伎町1-1-17 エキニア新宿7F
    電話番号
    0120-565-449
    診療時間
    平日 10:00~19:00 / 土日祝 10:00~18:00
    定休日
    木曜日
    アクセス
    JR 新宿駅 東口 徒歩5分
    東京メトロ副都心線 新宿三丁目駅 徒歩5分
    1Fにドコモショップが入っているビルの7Fです。

    Google mapでみる